2013-08-05

blog2

2013年度のマンション供給計画戸数のトップは三井不動産レジデンシャルとなったと市場経済研究所と不動産経済研究所の調査による発表があった。

三井不動産レジデンシャルは前年度比30.1%増の6450戸。2位は、三菱地所レジデンスで同34.0%増の6100戸。12年度供給実績でトップだった野村不動産は、同6.6%増の5450戸で3位となった。

また、13年度の供給計画を明らかにした有効回答102社の供給計画戸数の合計は7万5970戸で、12年度実績に比べて12.8%増加する見通しになった。この背景について両研究所は、「東日本大震災からの回復が続くのに加えて、消費増税前の駆け込み需要や景気回復期待もある」としている。不動産投資市場にも同じことが言えるだろう。

▲TOPへ戻る