2013-07-10

blog

「アベノミクスの影響」もあり、実用品でも投資不動産でも価値のある、価格が高めの物を選ぶ消費者、投資家が増えてきている。スーツや靴、家具なども単価の高い商品が売れているらしい。富裕層、投資家も株高による資産効果で高級ブランドや宝飾品、しいては高級マンションを選びつつある。足元では消費マインドの改善に加え、夏の賞与の増加や物価の先高観もあり、ワンランク上の消費、投資を押し上げている。その背景には底入れの兆しをみせる賃金の動きがある。厚生労働省の毎月勤労統計によると、5月現金給与総額は一般労働者が前年同月比0.2%増え、パートタイム労働者も同0.6%増えた。しかも有効求人倍率がリーマン・ショック前水準の戻るなど、労働環境の好転が賃金に少しずつ波及している。
投資マンション市場も資産価値が落ちにくい大都市圏、好立地物件が人気だ。もちろんワンランク上の販売価格にはなるが、投資家はこちらを選ぶ。ワンランク上の投資マンション経営でライフプランニングを実現するのなら、是非当社にお声をかけて下さい。

▲TOPへ戻る