2013-05-22

blog11

政府は21日、首都圏の企業への就職を目指す地方在住の大学生・大学院生の支援策として、都市再生機構(UR)の賃貸物件の空き部屋を、格安で提供すると発表したらしい。就職活動に取り組む学生にホテル代わりに利用してもらい、宿泊費の負担を軽減する。6月に取りまとめ成長戦略に盛り込む。
 単身者用のワンルームを活用して7月にもスタート。東京23区内から始め、埼玉、千葉両県に拡大し、200~300室の提供を目指す。家具や家電なども用意し、利用料は1泊3000円台と格安に抑えるという。非常に素晴らしい取り組みである。首都圏を活性化するには若い力が必要である。是非、投資不動産に興味がある若い力を弊社も望んでいる。

▲TOPへ戻る