2013-05-10

blog6

アットホーム株式会社は「市場動向-首都圏の新築戸建・中古マンション価格(3月)-」を発表した。市場動向は、全国不動産情報ネットワークにおける2013年3月期の新築戸建・中古マンションの登録価格および成約価格についての動向である。

調査結果によると、新築戸建の成約価格は前年同月比7カ月ぶりに上昇した。東京23区で比較的価格の高い物件の成約が好調で、東京都下は同2カ月ぶり、埼玉県は同5カ月ぶりに上昇した。

一方、中古マンションは、低額物件志向が継続し、中古マンションの成約価格は前年同月比5カ月連続のマイナスだった。中古マンションの1戸あたり平均成約価格は2,241万円で、前年同月比11.1%下落し、5カ月連続のマイナスだった。投資マンションでも最近は中古マンション人気が出てきているが、今回の市場動向を見る限り、慎重な物件選びが重要である。新築価格は上昇気味だが、中古価格は下降気味である事は頭に入れて置くべきだろう。

▲TOPへ戻る