2013-05-07

富士山銘柄

株式市場では日銀の量的・質的金融緩和の影響を受け、不動産株が好調である。また富士山関連(世界遺産)銘柄も急上昇である。買いそびれた方、これから買おうと検討している方、要注意である。株式は証券会社に口座を持てば、誰でも簡単に投資が出来る。自分が保有する株式の換金も簡単。更に業績により配当が受けられる。また、株主優待が受けられるなど、お金以外のメリットもある。しかし、このような人気銘柄は乱高下しやすいので、安心出来ない。もし、自分が投資した会社が潰れたら保有する株式の価値はなくなる。更に資金が必要になった時に購入価格より低ければ、売却しづらいのである。要はプロなら、キャピタルゲイン(売却益)、インカムゲイン(配当)を取れるだろう。株式投資と不動産投資の大きな違いは最悪の結果でもゼロにはならないと云うところだろう。不動産投資(固定資産)はゼロにはならないのだ。株式投資もメリットが沢山あるが、デメリットもある。勿論、不動産投資にもメリット、デメリットがある。メリット、デメリットを充分理解した上で投資をし、自己資産を拡大してもらいたい。

▲TOPへ戻る