リアルユナイテッドロゴ

BLOG

結論から申しますと、

不動産投資は副業にはなりません!


不動産投資は通常は副業扱いにはならないので企業に勤めていても公務員でも取り組めます。
しかし、企業によって個々に就業規則を定めているので予め規定に抵触しないかどうかを確認するのが肝心です。

不動産投資をするときのポイント


副業として不動産投資をするときには本業に支障をきたさないようにするのが最も重要なポイントです。

賃貸経営には入居者管理や物件管理などの負担があるのは確かであり、いかにして労力をかけずに経営できるようにするかを考えた方が良いでしょう。
賃貸管理会社に依頼して一切の管理を任せてしまうのが賢明です。
サブリース契約をするのも方法の一つであり、家賃収入も安定するので長期的な投資利益を見積もりやすくなります。

確定申告が必須


不動産投資をして家賃収入を得たら、不動産所得が入ることになるので勤め人の人も自分で確定申告をして納税しなければなりません。

年度末近くになったら書類を整えて提出する必要がありますが、現在ではWebを使って書類を作れるシステムがあるので比較的簡単になっています。
また、企業に不動産投資をしていることを知られたくないという人もいるでしょう。その際には住民税について注意が必要です。

企業に勤めていると特別徴収になっているので、給与所得以外に所得があるとわかってしまいます。

しかし、普通徴収に切り替えてしまえば自分で住民税を納めることになるため、企業に事実を知られることはありません。

当社では経験豊富なスタッフがお客様の本業に支障がないようサポートをしておりますので、興味のある方は是非、一度ご相談下さい。