リアルユナイテッドロゴ

BLOG

2019年12月3日、株式会社マーキュリーは同社運営サイト『Realnetニュース』にて、『月例新築マンション動向(2019年12月号)』を発表しました。

『月例新築マンション動向』は、同社の独自調査による新築分譲マンションの最新動向を紹介したもので、今回発表された2019年12月号は、2019年9月度の分譲実績データと比較されています。
首都圏一都三県は、供給戸数の前年同月比が東京23区をはじめ、東京都下、横浜市・川崎市でマイナス20%超と減少が目立ちますが、千葉県は522戸でプラス67.3%と大幅に供給戸数を伸ばしています。要因としては166戸と大型分譲した『リビオ柏の葉キャンパス』をはじめ、50戸以上分譲しているマンションが数棟あり、プラスの結果となりました。千葉県は首都圏の中でも坪単価が安く、東京都心へのアクセスも良いため今後も供給戸数が増えていくと予想されます。

投資不動産にご興味がある方は、是非一度ご相談ください。