リアルユナイテッドロゴ

BLOG

最近では会社に勤めながら不動産投資をする、いわゆる「サラリーマン大家」が人気だ。
ただ、そもそも投資未経験者からすると、他の投資と比べて何が良いのか、判断に困っているケースもよく聞く。投資には、おいそれと気軽に始めるわけにはいかない気持ちもよく分る。
そこで今回は、サラリーマンが不動産投資をするメリットを説明する。

サラリーマンが不動産投資に取り組むべき理由
先般、国が「老後資金として2,000万円必要」などと語ったことは、ご存じでしょうか、2,000万円なのかどうかは別にして、少なくとも相応の大金を準備する必要がある点は変わらないはずです。
皆さんは、このまま働いて貯金を続けるだけで、老後の資金として2,000万円を貯められるでしょうか。
おそらく「厳しい」と感じる人が多いでしょう。老後資金どころか、その手前の「教育費」等が満足に準備できない人もいるかもしれない。もし必要な額を貯められなかったらと考えたくもないはずだ。対策としては、代表例として、国も推奨しているのが「投資」だ。株式投資や投資信託、最近ではFXをする人も多いが、そのような投資手法の一つとして「不動産投資」が存在する。実際にどれをすべきか当人次第となるが、不動産投資も十分に選択肢の範囲に入れられる手法である。

手間がかからないから本業に集中できる
不動産投資には、全てのサポートをしてくれる「不動産投資会社」という存在がある。まさに、我々のような会社が、ここにあたる。この不動産投資会社を使うことで、銀行の融資から不動産の購入、賃借人の集客、物件や家賃の管理まで、ほぼ全ての不動産投資に必要な業務を代行してくれるわけだ。何と便利な時代であろうか。
簡単にいえば、あなたがすべきことは「不動産投資をする意思表示」と「どの不動産に投資するか選ぶ」、あとは「お金を出す」だけである。例外的に大家として「判断・決断」を求められることもあるが、それすら不動産投資会社がサポートしてくれるから安心である。日常的に何かをしなければならないわけではない。もちろん精力的に勉強や情報収集をする人もいるが、基本的に投資したあとは「ほぼほったらかし」にできるのだ。手間も時間もかからないため、本業が忙しい会社員に好まれやすいのも理解できる。
他の投資では、なかなかこうはいかない。特に株式投資やFXは、投資したあとはめまぐるしく変動する値動きを毎日のようにチェックしなければ落ち着かない人も多い。少しの時間であっても、投資に気を取られた分だけ本業がおろそかになるということも事実だ。それを避けたい人は、不動産投資を選ぶといいだろう。

不動産投資で生じるリスク
投資の一種である以上、不動産投資にもリスクはつきものだ。努力や物件を見極める能力、対処法にも限界はあるが、ひとまず「こういうリスクもある」と知っておくことは大切だろう。また、不動産投資をするからには、政治や経済の情勢にも敏感になっておいたほうがいいだろう。リスクを考えると怖くなる事もあるが、リスクを受け入れるから利益も受けられるのが「投資の基本」となる。利益を受けながらリスクを管理し、不動産投資家へと成長していきましょう。
ご興味がある方は、是非一度ご相談ください。