2018-11-26

20181126-623-248

(株)東京カンテイは21日、2018年10月の三大都市圏中古(既存)マンション70平方メートル換算価格の月別推移を公表した。
 首都圏は3,625万円(前月比0.3%下落)とわずかながら引き続き下落した。都県別では、東京都は4,879万円(同0.3%下落)と直近のピークだった8月よりもやや水準を下げ、神奈川県が2,873万円(同0.6%下落)、千葉県が2,016万円(同0.2%下落)と再びマイナスとなった。緩やかな上昇傾向にあった埼玉県も2,278万円(同0.7%下落)と6ヵ月ぶりに反転下落した。
 近畿圏の平均価格は2,219万円(同0.2%下落)と2月以来の上昇傾向が一服する結果となった。大阪府は2,431万円(同0.5%上昇)と4ヵ月連続の上昇、兵庫県は1,904万円(同0.4%下落)と3ヵ月ぶりに下落した。
 中部圏は1,838万円(同変動なし)と横ばい。一方、愛知県は1,999万円(同0.9%上昇)と2,000万円台目前まで迫っている。
不動産購入における下落の価格差はわずかな下落であっても非常に大きいため、首都圏において購入を検討中の方には朗報ではないだろうか。
不動産投資にご興味のある方は、ぜひ弊社にご相談いただきたい。

▲TOPへ戻る