2018-07-17

20180717-623-248

投資といっても、株・FX・不動産などさまざまなものがあります。その中で、いま不動産投資が注目を集めているのは、なぜでしょうか。

株やFX、先物取引などは、短期間で資産が倍増することもありますが、失敗すると資産がゼロあるいはマイナスになってしまうリスクがあります。いわゆるハイリスク・ハイリターンな商品です。
一方、土地や建物に投資する不動産投資は、一度にもうかる物ではありませんが、家賃収入から月々のローンを返済していけるように資金計画を立てておくことで、安定したキャッシュ・フローを得ることができます。
しかも、20年30年という長い期間にわたって収益をあげられるので、ローリスク・ロングリターンの安定した投資であると言えます。

株式投資でライバルとなるのは、ウォール街の人たち。株を買った企業がどうなるか、個人ではリスクをコントロールができません。
一方、不動産投資の場合の最も大きなリスクである空室リスクは、サブリースの活用で保証されます。また、リノベーションや設備の改修、賃料設定の見直しなど、自らアクティブに動くことができます。
リスクを自分でつぶし、リスクマネジメントしやすいのが、不動産投資の特徴です。

先行きが不安な時代にこそ、ローリスク・ロングリターンで安定収入が得られる不動産投資を。
不動産投資に少しでもご興味のある方は、ぜひ弊社へご相談ください!

▲TOPへ戻る