2018-05-09

20180509-623-248

 住宅新報が年2回実施している「4大都市圏家賃調査」(18年3月1日時点)がまとまった。それによると、東京圏のマンションの平均賃料はワンルームタイプが7万2280円で前回調査(17年9月1日時点)比プラス0.28%となり、4期連続で上昇した。1LDK~2DKタイプは10万8349円で0.26%上昇。2LDK~3DKタイプは13万4594円でほぼ横ばいながら0.16%上昇。マンションはすべてのタイプで4期連続の上昇となった。各タイプの上限、下限価格を見ると、すべて上昇しており、これは2期連続のこと。下落から横ばい傾向となっていた首都圏の家賃だが、回復傾向が軌道に乗ってきたと言えそうだ。
 東京圏で賃料が上昇傾向にある今、投資用マンションに是非ご興味いただけたらと思います!

▲TOPへ戻る