2017-10-16

20171016-623-248

森記念財団 都市戦略研究所(竹中平蔵所長、東洋大学教授、慶応大学名誉教授)は10月12日、「世界の都市総合ランキング(Global Power City Index、GPCI)」の2017年の結果を発表した。世界主要44都市を対象に総合的に評価するもので、毎年この時期に取りまとめており今回で10回目となる。
都市の力を表す様々な分野を評価したところ、2017年の総合ランキングは6年連続でロンドンが1位となり、2位にニューヨーク、3位に東京がランクインした。昨年パリを抜いて初めて3位に入った東京は順位をキープした。4位はパリ、5位と6位にそれぞれシンガポールとソウルが入った。
昨年初めてトップ3に入った東京は、「文化・交流」における海外からの訪問者数、留学生数のスコアが年々向上していることや、『交通・アクセス』で、国際線の直行便就航の都市数や通勤・通学の利便性でスコアを上げたことに加え、ニューヨークのスコアが伸び悩んだことによって、2位とのスコア差を縮めた。

今後、2020年のオリンピックに向けていろいろな政策が進めば、順位を上げることもありえるだろう。世界が東京に注目し始めている今、投資マンション経営を始めてみてはいかがだろうか。是非一度、弊社にご相談ください。

▲TOPへ戻る