2017-08-10

20170810-623-248

 不動産投資における尺度のひとつに「利回り」という言葉がある。不動産投資における利回りとは「投資金額に対する1年間の収入の割合」の事を指し、一般的に%(パーセント)で表示される。例えば1,000万円の不動産を購入し、その不動産から得られる年間賃料が50万円だとすると、この不動産の利回りは5%となる。
 ただし、不動産の場合はさまざまな不確定要素があり、諸費用が発生するため、「利回り」には単純に投資金額に対する年間収入の割合を示したいわば表面利回りと、諸経費も含めた実際の総投資金額に対して年間の収入から諸経費を引いた実際の収入の割合を示す実質利回りの大きく分けて2つ存在することになる。
 表面利回りにとらわれず、実質利回りを考えたうえで、効率のいい不動産投資の物件を購入する必要があるだろう。

▲TOPへ戻る