2017-07-27

20170727-623-248

 国土交通省の「国土のグランドデザイン2050」には各都道府県の人口動向が図化して記載されている。人口増が見込まれている地域はどこなのだろうか。
 東京都では、中央区、港区、江東区など都心近く、湾岸エリアでの人口増が目立ち、世田谷区、大田区では神奈川県に近いエリアにまとまっている。都下では増加エリアが集中しているのは八王子市である。
 神奈川県では川崎市がダントツ、埼玉県では和光市や戸田市、と東京に近いエリアである。千葉県では、分譲マンションが増加している八千代市、成田市、柏市、千葉市が有望である。
 また、全体的に見て、東京都及び首都圏では比較的人口減少が少ない。
 不動産投資を行うなら、長年のローンがつきものになるだろう。将来を見据えて、どの地域の物件を所有するか考えておくべきだ。

▲TOPへ戻る