2017-06-26

20170626-623-248

 旭化成不動産レジデンス(株)は、「立石駅北口地区市街地再開発事業」が都市計画決定されたと発表した。京成押上線「立石」駅(東京都葛飾区)北口に位置する約2.2haの再開発を行う。西街区には地上36階地下2階建ての住宅(約600戸)および商業・公益施設を建設し、東街区には、地上13階地下3階建ての庁舎および商業・公益施設を建設する。狭隘な道路が多く、老朽建物が密集しているエリアであることから、建物の不燃・耐震化による防災性を向上させ、さらなる駅前の賑わい、区の広域行政拠点にふさわしいまちづくりを目指している。2019年度に着工し、2022年度に竣工する予定である。

弊社では、全国各地の物件を取り扱っております。もちろん、葛飾区エリアの投資マンションのご紹介も可能です。今こそ投資マンション経営を始めてはいかがでしょうか。

▲TOPへ戻る