2017-04-13

20170413-623-248

(株)マンションマーケットは、JR線10路線の各駅徒歩10分圏内にある2007年築マンションの平均平米単価を算出し、2007年当時の価格と2017年現在の価格を比較、資産性が高い沿線を調査した。対象は同社運営サイト「マンションマーケット」に掲載されている中古分譲マンション。
対象の沿線は東京23区内に駅が存在するJR沿線、かつ駅数が多い10沿線「山手線」「京浜東北線」「中央本線」「常磐線」「埼京線」「総武線」「常磐・成田線」「京葉線」「総武線快速」「東北線」。「京浜東北線」「埼京線」の2路線においては、2007年よりも2017年の方が上昇しており、第1位の「京浜東北線」はプラス9.6%で、第2位の「埼京線」3.8%と大きく差をつける結果となった。

 羽田空港へのアクセスが良く、リニア中央新幹線の開業でさらに活気づく京浜東北沿線でマンションの購入を検討してみてはいかがだろうか。

▲TOPへ戻る