2017-02-22

20170222-623-248

(株)日本財託は14日、サラリーマンオーナーの投資目標に関する意識調査結果を発表した。2016年中に同社から初めて投資用不動産を購入した個人投資家を対象に、アンケート調査を実施。実施日は1月21・22・29日、有効回答数は315。
 目標とする月額の手取り家賃収入額は、平均36万円(中央値30万円)という結果に。将来の年金支給額への不安から、おおよそサラリーマン並みの400万~600万円の年間収入を目指していることが分かった。一方、目標所有戸数は平均6.7戸(同5戸)。中古ワンルーム投資を始めた不動産投資家は、1戸当たり5万~6万円の月額手取り家賃収入を見込んでいる。また、何歳までに目標を達成したいか尋ねたところ、平均は55歳となった。約3分の1の不動産投資家が30~50歳代のうちの目標達成を目指している。

将来の収入確保のために不動産投資を始めてみてはいかがだろうか?

▲TOPへ戻る