2017-02-03

20170203-623-248

 9月23日の「不動産の日」に合わせ、一般消費者を対象に毎年実施している「住宅の居住志向及び購買等に関する意識調査」で、不動産を「買い時だと思う」との回答が3年ぶりに増加に転じた。全体の3割近くが購入に前向きとなっており、その理由として「住宅ローン金利が低い」との回答者が今回、大幅に増えた。20代の実に4割以上は「マイホームが夢」との将来像を描いている。調査は2016年9月に全国宅地建物取引業協会連合会、全国宅地建物取引業保証協会が実施し、1月12日に集計結果を発表した。

 自分が住まなくなったら他人に貸せる都心部のマンションを検討してみてはいかがだろうか?

▲TOPへ戻る