2016-09-30

20160930-623-248

 東京カンテイの調査によると、8月の首都圏・分譲マンション賃料は前月比0.3%上昇の2661円(1平米当たり、以下同)と僅かながら引き続き上昇した。都県別で見ると、東京都では平均築年数が18.3年から17.6年と若返った影響もあって、プラス2.5%の3223円と上昇した。また、神奈川県(2045円、同0.1%上昇)、埼玉県(1611円、同0.3%上昇)でも強含んだ。一方、千葉県ではマイナス0.8%の1546円と3カ月ぶりに下げたものの、1500円台半ばの賃料水準は維持している。

 首都圏は不景気でも家賃が下がりにくい代表エリアである。ローリスクな不動産投資をお考えの方は、首都圏のワンルームマンションを検討してみてはいかがだろうか?

▲TOPへ戻る