2015-12-25

20151225-623-248

 全国で人口減少が話題となるなか、関西2番目、全国でも屈指の人口規模を誇る大都市である神戸市の人口が来年にも福岡市に逆転され、政令市内で5番目の座から6番目に転落する見通し。2015年9月1日時点での推計人口は神戸市が153万5454人、福岡市が153万1919人。3000人強、神戸市の人口が多い。ただ神戸市の人口は2014年の1年間で約3000人減少、2011年11月の154万4849人をピークに4年間減少が続き、出生や死亡による自然増減数では8年連続の減少となっている。一方の福岡市は2014年1年間で人口は約1万2000人増加。70年近くにわたって人口増加傾向が続いている。このペースでいくと国勢調査の速報が出る来年2月にも順位の入れ替えが判明する見通しとなっている。
 オシャレな街並、大阪圏への通勤の利便さ、整った教育環境等の理由からファミリー層の人気がすこぶる高い神戸市東灘区と、ルミナリエの行われる中央区は1998年以降、毎年人口が増加している。しかし、ニュータウン人口を多く抱える北区はここ数年での人口減少が激しい。又、新規分譲が多く、震災前後も通じて人口増加を続けていた西区についても2013年には人口は減少に転換し、北区に続く人口減少が激しい行政区となってしまった。

 人口減、6位に転落、といってもエリア毎につぶさに見ていけば、投資対象として神戸市の不動産は魅力的なエリアが多い。神戸市でマンション投資を検討するなら弊社の不動産投資のプロに相談してみてはいかがだろうか?

▲TOPへ戻る