2015-12-21

20151221-623-248

 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、勝どき東地区市街地再開組合の設立を認可した。これにより、同組合は法人格を得て、市街地再開発事業の施行者となり事業に着手。住宅を中心に業務・商業・生活支援施設を集積し、水辺環境を活かした複合市街地の形成、歩行者基盤の強化、地域の防災性の向上を図っていく。同開発地は、地区面積約3.7ha。住宅(約3,120戸)、商業、業務、公共公益、消防署等の施設の建設のほか、道路や広場等などを整備する。施設の規模は延べ面積約36万9,205平方メートル。A1街区は地上58階地下1階建て、A2街区は地上45階地下1階建て、A3街区は地上3階建て、B街区は地上29階地下1階建て。今後は、2016年12月に権利変換計画認可を経て、17年9月に工事着手、27年に竣工する予定。

 勝どき周辺の不動産価格が今後も上昇する見込みだ。勝どき周辺のマンションを検討してみてはいかがだろうか?

▲TOPへ戻る