2015-12-07

20151207-623-248

 JR南武支線に2016年春に新駅が誕生する。場所は川崎新町と浜川崎間。駅名は小田栄駅。このエリアでは住宅と商業施設、教育施設が一体になった新街区「サキソラの街」の整備が進んでおり、すでに総合ショッピングセンター「イトーヨーカドー川崎店」がオープンしている。
 国の都市再生総合整備事業の特定地区に指定され、整備が進むJR浜川崎駅周辺の既成市街地と工場用地からなる約108ヘクタールの「南渡田周辺地区」。大型分譲マンションの建設に合わせて「小田栄2丁目公園」などの公園の整備が行われるほか、バス停も新設される予定。こうした人口増を受けて川崎市では新駅建設の要望をJR東日本に出していた。JR東日本は同駅を「自治体と協力して鉄道と乗客の接点を増やし、利用拡大を図る戦略的新駅」と位置付けており、1日あたりの乗降者数は約3500人を予測している。川崎市は臨海部を国際戦略拠点として今後ブランド化、発展を促進していきたい考えで、浜川崎駅周辺は多摩川沿いの殿町エリア(キングスカイフロント)と並んで、その重要な拠点。浜川崎駅には既存の東海道貨物支線を利用、東京テレポート駅、品川駅から天空橋駅、塩浜駅から同駅を経由、桜木町に至る貨客併用の新線を整備しようという計画もあり、今回の小田栄駅は同エリア活性化の一歩ともいえる。
 新駅周辺の投資用不動産を検討してはいかがだろうか?

▲TOPへ戻る