2015-08-31

20150831-623x248

若いうちから不動産投資を経験しておくメリットをまとめました。 

1.「お金の使い方・稼ぎ方」の習慣が身につく
不動産投資という経験を踏むことで、お金の使い方、稼ぎ方の習慣が身について、自分の収入(大多数の人は、会社からの給料)から投資額を決めて投資をしていくことになっていきますが、そのうえでどうお金を使っていくべきなのかを日常的に考えるクセや習慣がつきます。

2.不動産投資の期間が長くなる=より最終的な資産が増える
人生の長くて短い期間の中で、投資というのは早く始めれば早く始めるほど良いと言われてます。例えば同じ2000万という資産にたどり着くまでにも、40歳から始めるのと20歳から始めるのだと最終的な資産に大きく差があります。単純に言えば積み立てる期間に絶対的な違い(20年の差)があるため、溜まっていく資産の総額にも最終的に大きな開きが出てくるから、です。人生で色んなものが始めるのは早ければ早いほどいいものですが、お金や投資については更に残酷なレベルで数字が出てきます。もしかしたら億単位で、最終的な資産額が変わることになるかもしれません。

▲TOPへ戻る