2015-08-14

20150814-623x248

定年まで正社員で働き続けると退職金はどれくらい出る? 退職後の暮らしぶりは? 知られざる女性定年退職者の実態が最新調査で分かりました。退職後の金銭面の不安は年収にかかわらず、投資経験がある人のほうが、ない人よりも少ないことが判明しています。
また興味深いのは、退職後の金銭面の不安は、年収にかかわらず、投資経験がある人のほうが、経験がない人より少ないという結果。女性の退職金は平均1200万円で、男性より3割ほど少ない。退職前の年収が男性より低いことも影響している。男性の42%が退職後も社員として働き、収入があるのに対し、女性は62%が無職。「働く意志はあっても現実は厳しい」。退職金を、資産運用しやすい金融機関に移し替えた女性が35%。限られた老後資金を賢くふやそうとする意識がうかがえる。現役時代にお金をふやそうとする努力が老後の安心につながることがうかがえる。現役時代に投資をしていた女性は退職後の金銭面の不安が少ないことが明らかに。年収別に見ても、その結果は変わらなかった。

将来の老後に備えて現役時代から女性も投資を初めてはいかがだろうか?

出典:15年4月発表のフィデリティ退職・投資教育研究所レポート「女性の退職金投資―税金に敏感 ~女性退職者 684 人の退職金投資動向~」。調査対象は60~65歳の男女で退職金をもらった退職者。回収数は8630人、うち男性7946人(92.1%)、女性684人(7.9%)。

▲TOPへ戻る