2015-07-14

yun_6717_623x248

健美家は7月3日、不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」の登録物件と、問い合わせ物件の動向を調査・分析した、2015年4月6日~6月期の「全国投資用不動産 市場動向レポート」を発表した。

これによると、区分マンションの投資利回りは8.1%と、大幅に下落。2005年の調査開始以来、最低値を更新した。
一方、物件価格は1491万円と、2008年4月以降では最高値を記録した。登録物件も前年同期比139%の約2.3万件で、過去最多となっている。

一棟アパートの投資利回りも、2008年以降最低となり9.5%だった。物件価格は前年同期比15.4%上昇の5520万円。リーマンショック以降、最高値を記録している。
登録物件数も前年同期比157%と大幅に増加しており、過去最多の1.1万件超となった。
問合せ数も過去最高で、活況を呈している。

1棟マンションの投資利回りは、前月比0.06ポイントプラス。わずかながらの上昇となったが、前年同月比では0.43ポイントの下落。依然として2008年以降、最低水準で推移している。
価格は前年同月比9.5%と大きく上昇し、1億5002万円だった。前月より0.92ポイント下落したものの、高値であることに変わりはない。

今、区分マンションも1棟も、物件の価格は上昇している。
これは、日本の物件が非常に人気であり、注目を集めていることを示している。
これ以上価格が上がってしまう前に、投資マンションの購入を検討してみてはいかがだろうか。

▲TOPへ戻る