2014-11-26

中古マンション値上がり

東京カンテイが発表した不動産調査によると、中古マンション価格が値上がりしている。
首都圏の10月平均価格(70平方メートル換算)は前年同月比1.0%上昇し、2848万円だった。
1~10月平均は2013年平均に比べ約2%高く、通年でも3年ぶりに値上がりしそうである。
また、東京都心6区の平均を見ると、6018万円と10.3%上昇し、6000万円を超えるのは約5年ぶりである。千葉県は2.1%値上がりするなど、周辺各県でも値上がりしているようだ。

値上がりの背景として、外国人投資家などが購入に動き、都心部を中心に割安な中古物件を検討する人が増えてきていることがあげられる。また、来年からの相続税の課税強化をにらみ、節税対策の一環で購入するケースもあるそうだ。

今後さらなる値上がりが予測できる今、早めの購入を検討すべきであろう。

▲TOPへ戻る