2014-09-16

0916blog

9月13日の日本経済新聞によると、物価連動国債ファンドが人気らしい。

景気回復や消費増税の影響で物価は上昇傾向。定期預金や固定金利型の個人向け国債などで運用していては、最終的な手取りが目減りしてしまう。その点、物価連動タイプであれば、株や不動産と並ぶインフレ防衛の手段になると注目を集めている。

物価上昇傾向にある今、投資マンションを購入するなら絶好のタイミングである。物価連動国債ファンドに興味を持たれている方も、投資マンションに注目してみてはいかがだろうか。

▲TOPへ戻る