2014-04-09

b0409

日銀の黒田総裁は8日、金融政策決定会合後の記者会見で、2%の物価目標の達成へ「確信を持っている」と語ったらしい。消費税増税前の駆け込み需要の反動の影響を問うと「夏以降は雇用・所得環境の改善に支えられて次第に減衰していく。7~9月期以降は成長軌道に戻るとの見通しだ」と指摘した。この1年の金融緩和策については「物価目標への道筋を着実に進んでいる」と自己評価した。
「現時点では追加緩和は考えていない」と述べていたが、次の一手が大事であることは間違えないだろう。

▲TOPへ戻る