2014-02-26

condominium

不動産経済研究所のまとめによると、2013年の1~12月に全国主要都市で発売された民間マンションは10万5,282戸であった。(過去最多は1994年の18万8343戸)
2012年(9万3861戸)に比べて1万1421戸(12.2%)の増加

首都圏5万6478戸(対前年比23.8%増)、近畿圏2万4691戸(同6.1%)、東海・中京圏5959戸(同0.9%減)、北海道1685戸(同17.5%増)、東北1023戸(同28.3%減)、関東1201戸(同21.8%増)、北陸・山陽270戸(同37.5%減)、中国3577戸(同10.5%増)、四国879戸(同24.7%減)、九州9519戸(同7.6%減)。

1戸当たりの価格は4174万円で、前年(3824万円)比350万、9.2%のアップ。1㎡当たり単価は58.0万円で前年比4.9万円、9.2%のアップであった。

平均価格が前年比でアップとなったのは3年ぶりのことであり、㎡単価が前年比でアップとなったのも3年ぶりのことである。また、平均価格が4000万を上回ったのも、㎡単価が55.0万を上回ったのも、いずれも3年ぶりのことである。

さらに2014年の発売は11.0万戸(4.5%増)。5年連続で増加する見込み。

マンションの戸数、価格がアップしているという事は投資のチャンスではなかろうか

▲TOPへ戻る