2013-12-02

b1202

厚生労働省は10月の有効求人倍率(季節調整値)が前月から0・03ポイント上昇し、0・98倍になったと発表したらしい。

上昇は2か月ぶりで、2008年秋のリーマン・ショック前の07年12月の水準まで改善した。厚労省は「消費増税前の駆け込み需要で、景気が緩やかに回復していることの表れ」と分析している。

前月と比べて求人数は増加し、求職者数が減少したことから、新規求人倍率(同)は前月から0・09ポイント上昇し、1・59倍となった。新規求人数は前年同月比10・8%増だった。産業別では、サービス業が同22・5%増と伸び率が最も高く、製造業の同20・2%増、建設業の同13・5%増が続いた。

弊社もやる気のある若者をどんどん採用していきたい。 

▲TOPへ戻る