2013-11-05

増収増益

上場企業の2013年4月~9月期(上期)決算は増収益が11%、増収増益企業の割合が6割に上り、ともに3年ぶりの高水準となったと日経新聞が発表した。リーマン・ショックの後遺症や東日本大震災、1ドル=70円台の円高もあって、増収益はこのところ3%前後どまりであったが、企業の不採算事業からの撤退などの合理化で利益を確保し始めた。円安で輸出競争力を取り戻したり好調な内需を取り込んだりして久々に増収に転じる企業が相次いでいるのだ。遂にデフレ脱却に向けた動き、結果が企業収益に表れてきた。さあ、年末に向けて投資を開始する時期に突入だ。

▲TOPへ戻る