東京投資マンション経営とはリアルユナイテッド

投資マンション経営とは、自己資金があまりなくても、金融機関から調達した資金(投資用住宅ローン)で投資マンションを購入し、そのマンションを第三者(他人)に賃貸することで、長期的に安定した収入を得ることを目的とした資産運用です。投資用住宅ローンを利用しても他人資本の家賃収入でそのほとんどが返済できてしまうため、自己負担が少なく始めることができ、様々なメリットを享受する事ができるローリスク・ロングリターンの資産形成の方法と言えます。
先行きの不透明な経済、継続するかつてない低金利、さらに公的年金の不安など、今後ますます将来の資産形成は自己責任の時代なっていきます。そんな中、今この「投資マンション経営」が注目されています。先々のライフプランが見えにくい現代において、マンションを購入する際に重要になってくるのが、他人に貸した際に得られる家賃収入を見込んだ、マンションの収益力。 これまでのマンション選びの基準は、ご自身が住まう上での間取りや立地、周辺環境などがほとんどでしたが、今後は購入したマンションを他人に貸すことで得られる、マンションの「収益性」という視点が重要となってきます。

マンション経営

投資マンション経営は、所得税や住民税、さらに相続税の軽減にも大きな効果を発揮する、とても優れた税金対策ともなり得ます。がんばって働いた給料から、容赦なく引かれる多額の税金。その上更に投資マンション経営に伴う税金が課せられるのではたまりませんが、実際の投資マンション経営では、

     
  • 会社員の方でも確定申告をすれば、不動産所得控除(減価償却費、諸費用、ローン利息等)で大きな節税効果!
  • 相続税対策としても現金資産を残すより絶大な効果を発揮!
  • 更に金融機関から調達した資金は借主が万が一のこと(高度障害、死亡)があった場合には「団体信用生命保険」が適用になり、ローン残高は免除され生命保険代わりに残された家族に家賃収入が一生入ってくる。

家賃収入による着実な資産形成をしながら、毎月重くのしかかる各種税金の負担が軽減でき、生命保険代わりになる。将来のゆとりある暮らしのために、安定的で長期的な収益(私的年金)を得たい方におすすめする、それが投資マンション経営です。

投資マンション経営仕組み

▲TOPへ戻る